債務整理 シミュレーション 過払い

消費者金融から借入をしていた場合、平成22年以前ですと、金利がグレーゾーン金利だったと思われます。
利息制限法の上限を超え、出資法の定める上限までの間の金利です。

「利息制限法」
貸金元金10万円未満の場合:年利20%迄
貸金元金10万円以上100万円未満の場合:年利18%迄
貸金元金100万円以上の場合:年利15%迄

「出資法」では年利29.2%迄が許されていたので、およそ29%の金利が多かったことでしょう。

これは、100万円借りて、年間29万円返しても、元金は減らないということです。金利だけ払っていたら借金は永遠に減りません。

シミュレーションしてみるとそういうことがわかります。
利息制限法に当てはめて計算してみると、元金の返済もできていることになります。
すると、もうすっかり返済は終わっていたなんてことも。それどころか、よぶんに払っているというケースさえあります。

それは返還請求ができます。
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|